前へ
次へ

香典の意味を含めてお返しをする

葬式でいただく香典は、故人の冥福を祈り、香にかえて供えるお金ですが、同時に不幸のあった遺族へは、経済的援助にもなっています。
香典返しを贈るのは、通常、忌明けを迎えたころで、挨拶状と贈ります。
葬式の際の香典帳を利用してリストを作りますが、贈る品に応じて分けます。
香典返しの目安は半返しで、品物にかけるかけ紙は、仏式では黒白の結び切りの水引を印刷したもので、志と記します。
香典返しは、どんな場合にもしなければならないものではありません。
もとは、経済的援助の意味合いもあるので、遺族の今後のために使うのが香典を下さった人の気持ちに添うことになるでしょう。
病身の家族が残された場合などが一例で、この場合は、忌明けの挨拶状で気持ちを伝えましょう。
例えば、「日頃のご厚情に甘え、養育費にあてさせていただきます」というように、素直に記しましょう。
他にも、葬式の当日に渡す会葬礼状に、数千円程度のハンカチやお茶などを添えるなど、香典返しをしない地方もあるようです。
また、香典返しを辞退する人の気持ちも尊重しましょう。
他にも、会社名や団体名での香典に関しては、一般的にお返しは不要なのも知っておきたいマナーです。

Page Top